光コラボレーションの説明

光コラボレーションの説明

NTTはフレッツ光の回線を卸売りすることで、フレッツ光自体の契約者数は若干減るのですが、
今までのユーザーから得られる収益が光コラボ事業者から得られるようにな

るだけですから、収益の安定につながります。
それだけではなく、新規の顧客獲得に使われてきた経費も、
光コラボ事業者が負担するため、NTTとしては経費削減にもなるといわれています。
そして、顧客の管理も光コラボ事業者がやってくれますから、
そういった意味でも経費削減ができます。

これだけ聞くと光コラボ事業者にはあまりメリットがないようにも思えますが、
実はメリットがあります。
といいますのは、光コラボ事業者は自分で回線を用意する必要がありません。
また、例えばソフトバンクなら、携帯電話サービスもありますから、
ソフトバンクの携帯を使っている人がソフトバンク光を使うことでオトクになることが考えられます。
ですから、私たち消費者にも、自分が使っている携帯電話にあわせて、
光コラボの事業者を選ぶことでオトクになりましたからメリットがあります。








そんなわけで、
フレッツ光の代理店の比較ランキングはこちら



 

↑ PAGE TOP