プロバイダーの説明

プロバイダーの説明

昔はADSLだったのですが、今では一般家庭にも光回線を使うようになってきました。
光回線のフレッツ光は特に人気があり、安心して利用できます。
NTT東日本と西日本のサービスであるフレッツ光はフレッツ光と契約のほかに、
プロバイダーとも契約する必要があります。
プロバイダーは簡単にいうとフレッツ光の回線を使って商売をしている会社のことをいいます。ですから、元の回線が同じであれば、プロバイダーの変更もそれ ほど難しくありません。
フレッツ光は一番人気の回線ですから、プロバイダーの数も多く、
だいたい100社近くあります。
それぞれのプロバイダーでは安さが売りのところや、
速度を売りにしているところなどさまざまなプロバイダーがあります。
だから、プロバイダーを選ぶときは適当に選ばずに、自分が速度重視なのか、価格重視なのかあらかじめ、決めておいてからプロバイダーを選ぶとよいでしょ う。

昔は画像を表示するだけでも何分も待ったものですが、
今ではインターネットも高速化になったことにより、
写真はもとより、音楽や動画までもネットで楽しめるようになりました。
それに伴い、ネット回線の速度も重要になってきました。
今から10年位前はADSLが主流でADSLでも特に速度に問題はなかったのですが、
ここ最近では動画サイトを見ることも多くなってきましたから、
ADSLだとちょっと速度が遅いこともあり、いらいらすることも多いかもしれません。
でも、次世代のフレッツ光なら、ADSLよりもはやい速度でインターネットができますから、ストレスもたまりませんし、安定もしています。
ですから、いまだにADSLを使っているようでしたら、
そろそろフレッツ光に変えてみると言うのも悪くはないでしょう。



そんなわけで、
フレッツ光の代理店の比較ランキングはこちら



 

↑ PAGE TOP