転用するときに注意したいこと

転用するときに注意したいこと

フレッツ光が新しくフレッツ光の卸売りをはじめたことで フレッツ光からドコモ光やauひかりに電話番号を変えずに乗り換え られる転用が始まりました。
この転用、フレッツ光の電話番号が変わらずに他の事業者のサービ スを受けられるため魅力的な事業者があれば結構簡単に転用できる んです。

でも、転用するにあたってひとつ注意があります。
それは、一度フレッツ光から他の光サービス事業者に乗り換えたら また再びフレッツ光に戻ってくることはできないんです。 同じ回線を使っているのに、戻ってくることができないなんてちょ っと不便ですよね。

これでどういう不都合が生じるかといいますと、 例えばフレッツ光に紐付けされている電話番号がある場合なんかは 転用先がいやだった場合解約するしかないということになります。

もしかしたら、将来的には戻ってくることができるようになるかも しれませんが、あまり期待しないほうがいいのかもしれません。

また、他の注意点としては、 例えば、auひかりなどからドコモ光に乗り換えるということはでき ないということにも注意が必要なんです。
ですから、転用される際はメリットだけじゃなくて デメリットもしっかりと見る必要があるということですね。

以上がフレッツ光から他の事業者に転用する上での注意点になります。
あと、 大学の入学に伴って引越をするという人もいると思います。
この、引越に伴い、引越先でもフレッツ光を契約するわけですが、 このときに実はちょっとお得に契約する方法があるんです。

その方法はどういったものなのかというと、 複数のキャンペーンを確認するっていうことになります。
フレッツ光は公式サイトだけじゃなくて、代理店のほうもキャンペ ーンをやっていますから、そちらのキャンペーンも確認する必要が あります。

特にオプションに加入しようと思っている人は そのオプションをつけることでさらにお得なキャンペーンが受けら れるフレッツ光の代理店を選ぶといいですよ。
確かに選ぶのはめんどくさいですが、 キャンペーンによっては、5万円以上のキャッシュバックをつけてい るところもあるため、めんどくさがらずに探してみるということを おすすめします。

↑ PAGE TOP