wifiの特徴

wifiの特徴

昔よりも最近では電車や喫茶店でもタブレットやスマホを使っている人をよく目にするようになって来ました。
スマホやタブレットは従来のカラゲーと違ってサイズが大きいので目立つということもあると思います。
画面が大きいですから、外でも使いやすいんですよね。
また、スマホやタブレットが普及してきたことに伴って、外出先でもインターネットが使える仕組みが整ってきました。
具体的にはWIFIを使って外出先でインターネットをするのですが、WIFIはその設備がある近くでしか使えないためどこでも使えるというわけではないの が欠点になります。
だから電車や公園、スキー場などではたとえタブレットを持っていってもネットを使うことができないんです。
だから、そういった場所でもネットを使うためには、タブレットなどを買うときに薦められる通信会社を使うか、
またはそれとは別にポケットwifiと呼ばれるものを持ち歩く必要があります。
ポケットwifiはタブレットを持っている人がよく使っていますが、万能というわけではありません。
ポケットwifiの欠点としては、利用制限があるということでしょうか。
利用制限というのは簡単に申し上げますと、たくさん使っていると、制限がかかって速度が遅くなるというものです。
制限がかかってしまったときは、次の月まで制限された速度で我慢するか、
または使っているポケットwifiによっては追加料金を支払うことで制限が解除されるところもあります。

いずれにせよ、動画をたくさん見たり、ファイルをいっぱいダウンロードしようと思っている人はポケットwifiは向かないかもしれません。
一般的にポケットwifiの制限は7ギガから10ギガが一般的になります。

7G~10Gがどれくらいか想像がつかない人が多いと思いますから簡単に説明したいと思います。
一般的には7Gですとだいたいネットで見られる動画ですと7時間ぐらいみると越えてしまいます。

だから、ネットでドラマや映画をよくみるという人なら、
すぐに制限がかかってしまうでしょう。



でも、ニュースを見たりするだけでしたらほとんど気にするほどのことではないでしょう。








↑ PAGE TOP